8506989872_0dd8d0597b_b筋肉を付けたい方や、ダイエットを始めたい人がプロテインを摂取すると効果があると言われている一方で、プロテインは太ると思っている人も少なくありません。

プロテインを摂取して太ってしまうのであれば、ダイエットや筋トレに向いていない事になってしまいますね。

ここでは、プロテインが太るのかと言う疑問と共に、プロテインの本当に役割についてまとめています。

プロテインとは?

プロテインは栄養補助の為のサプリメントですので、食品の部類に含まれます。食品なので、薬のような効果や作用はないのです。

プロテインは高タンパク質の食品で、カロリーは控えめですので食品としては太りにくいと考えて良いでしょう。

プロテイン=太ると言う考え方は間違っている事になります。

太るイメージがあるのは何故?

プロテイン自体は、摂取しても太らない事が分かった所でどうして太るイメージがあるのかを探っていきましょう。

プロテインは太りにくい食品ですが、やはり過剰摂取によって摂取カロリーは増えます。それはどんな食品でも同じ事ですね。

プロテインの中には体重を増やす目的で作られているものもあるので、そのようなプロテインを避ける事で太りにくくなるのです。

プロテインの種類を選んでダイエット!

プロテインでも、乳清を含むものは体に吸収されやすくなるので、体重増加に繋がりやすくなります。

低脂肪乳などカロリーが低い飲み物に混ぜる事で吸収速度もダウンしますので、飲み物のカロリーを調節して太らないようにしましょう。

大豆や牛乳が原料になっているプロテインは吸収が遅いので太りにくいのです。

プロテインは栄養を摂取するもの

プロテインはダイエットや運動で失われた栄養を効率良く摂取する食品です。薬ではないので具体的な用法や用量はありません。

自身の体重のバランスなどを考えながら飲み続ける事と、運動によってダイエットに繋がります。

まとめ

プロテインは太るものではなく、種類や過剰摂取によって太る事が分かりましたね。

ダイエットをしている方はバランス良くプロテインを摂取しながら運動をすると、身体のラインが理想的なものになるのです。

今ではグリーンスムージーでも健康的に続けやすい工夫がされています。

オススメはセブンデイズカラースムージ-です!

SNSでも話題になっているので、ぜひともチェックしてみてくださいね♪