55H

一般的なプロテインは筋肉を付けたい人が使うイメージがありますが、昨今の認識では実は女性のダイエットにも効果的です。ダイエット効果は勿論、美容効果も得られるためとてもおすすめ!そのため選びたいのは「ソイプロテイン」ですが、実はいいことずくめではあなくもちろんデメリットもあるのでここではその最低限の知識だけでも紹介していきます。

 

ソイプロテインのメリット

それでは、デメリットをお伝えする前にどんなメリットがあるのか知っておくのもいいでしょう。おおまかにまとめてあるのでチェックしてみてください

体質改善

抗酸化作用を持つサポニンや大豆イソフラボンを豊富に含むので、女性に不可欠なホルモンバランスを正常にコントロールします。

代謝を活性化する甲状腺機能の働きも連動して高まるので、コレステロール値も低くなり様々な病気に負けない免疫機能スステムが整い体質改善に向けます。

消化速度が遅い為、空腹感を少なくできダイエットを行う際の食べすぎを防ぐ効果も期待

アルギニンやグルタミンの含有量が多く、大豆由来の健康要素がつまった体に優しい良質なタンパク質を低カロリーで摂取することができます。

動物性のタンパク質を摂取しにくい、特にベジタリアンでのタンパク質の補充や生活習慣病に付随した食事制限での摂取に適しているといえます。置き換えダイエットに代表される目的にはベストな選択と言えるでしょう。

筋肉の質を高める

筋肉を維持し増強ずるにはタンパク質の力は不可欠です。筋肉を大きく太くする動物性のプロテインと違いソイプロテインは運動前に摂取することで、質の強化、ハリに影響していきます。

メリットまとめ

  • 糖尿病、乳癌、前立腺がん、骨粗しょう症、更年期障害、ホルモン分泌異常、肌荒れ、脱毛などのリスクの軽減と予防効果。
  • コレステロールの減少と抑制作用による血糖値の正常化。
  • 免疫力、神経伝達機能の向上。

 


 

Summary_002

ではデメリットは!?

デメリットまとめ

  • 尿酸値が気になる方の場合、プリン体含有量が多いので気を付ける。
  • 筋肉維持に大切な、持久系アミノ酸であるBCAAが少ない。
  • 過剰摂取によって腎臓や肝臓への負担が大きくなる。
  • 腎臓病、大豆アレルギー、妊婦、乳幼児、肝臓疾患では摂取が不向き。
  • 含まれるエストロゲンが筋肉の増強を阻害し、皮下脂肪を取り込みやすくしてしまう。

対するデメリットですが、あくまで摂取量をきちんと守り、カラダに異変がないかをきちんと確認しながら摂取していけばさほど気にする必要はないのかもしれませんね。

ソイプロテインは女性の飲むイメージが強いですが、もちろん男性にもオススメです。